私たちの太る方法を公開!痩せすぎさん集合!

ガリガリに痩せていた方が、太った方法を集めています。プラス10kgなんて当たり前!真似できそうなものがあれば、ぜひ参考にしてください。

私は太るために、贅沢したり栄養セラピストとも会いました

time 2017/10/15

当時私は30代でした。

女性です。

 

もともと仕事がハードで食事がまともに取れなかったことから

痩せてしまいましたが、それから病気にもなり激やせ。

 

 

そのため、痩せるということに恐怖があります。

そこで、私が体重を増やすためにしたことは、主には食事でした。

 

運動不足は健康によくなりませんので、運動をしないことや動かないことで

太るということは考えたことがありません。

 

ただ、食事の内容で体重を増やすことはできると思いました。

脂肪をつけるために、白米やパスタを食べることに

まず、かなり体重が減ってしまったときには、

最初に脂肪を付けなければと思いました。

 

かといって、例えば肉の脂とか脂質だけを摂取すると、

コレステロール値があがったりするのでそれはいけないと思っていました。

 

 

主に多く摂取したのは、炭水化物です。

 

炭水化物はエネルギーにもなるので白米やパスタなどを中心とした主食を心がけ、

貧血予防にも肉は牛肉やラム肉を多く食べるようにもしました。

 

 

糖分は太りますが、白砂糖はあまりよくないので黒砂糖を取るようにして、

食事はなるべくたくさん食べるようにしました。

 

又、炭水化物だけでなく太るためにはたんぱく質も大切ですので、

良質なタンパク質の摂取を心がけ、卵や豆類も摂取し、鶏肉や白身魚も食べました。

太るために、贅沢なものも食べました

うなぎやマグロの刺身なども高たんぱくですし、カロリーも高いので、

とても贅沢ではありますが、頻繁に食べるようにしました。

 

例えば生クリームや乳製品などの脂肪質は太ることはわかっていましたが、

あまり積極的に摂取はしていませんでした。

 

太るとはいっても健康に弊害もあるものだからです。

 

太るためには、高カロリーなものという単純な考えではなく、

太るにしても体に良いものを選ぶようにしていたと思います。

太るために、私はあえて運動もしました

そして運動はきちんとして汗も流すようにしました。

 

やはり新陳代謝が良くならなければ、食べ物も体に効率よく吸収されないですし、

全体的に健康につながる生活リズムを作っていくことも大切だと思ったからです。

 

 

また実際に、栄養セラピストなどの専門家にも会いに行きました。

 

まずはどうして太れないのかなど、自分の生活を振り返ることも大切で、

第三者とのカウンセリングを通して生活を洗いなおしていくことも

大事だと思ったからです。

 

 

そしてしっかりと太るためのプログラムを立てて、

計画的に体重を増やしていきました。

 

今では自分で丁度良いと思える体重をキープしています。

 

痩せすぎだったときには冷え症だったり低血圧だったりと

体調全般に問題がありましたが、現在では体調もかなり良くなり

快適な毎日を送っています。